« せっかくなので @沼袋 | トップページ | カレーがとまらないっ 08-12 @湯河原 »

やっぱり優しい。 @下北沢

考えたら今年Photo初訪問の下北沢Teq-teq

私の就業日はTeq-Teqはパンを焼く日ではないので、意外にいきずらいのです。

寒い外とは違って、お店の中はあったかい。Teq-teqねーさんもあったかい。

Photo_2 今の時期は大好きな柑橘系カンパがないから、今回初めてこのマロンのカンパ(?)を購入

Photo_3 目の詰まった白い生地はほろほろと粉が落ちる。

中にはマロンがそれなりの数。

生地が好きなので、マロンはどうあうのか楽しみなパン。

マロンがかえってじゃまなのでは?と最初感じたのだけど、そんなことはなく、ちょうどいい大きさと甘さでばっちり。

Photo_4 ランチで食べてみようと、これもお初のさつまいもとチーズのパンを。

Photo_5 ごろんとしたさつまいもとチーズがほぼ同じ色で同居。

見るからにおいしそう!

優しい味のわりに食べ応えがあって、おなかがくちくなります。

薩摩芋の甘さがパンの甘さをひきたてます。と言っても、甘いパンじゃないのよね。

うん、上品。

Photo_6 柑橘系が全然ないと思っていたら、こんなおみかんが。

オレンジミックスだそうです。

Photo_29 中にオレンジジャム?とクリチが目一杯詰まっていた!!

うん、これーはうまいっす!!

この日はTeq-Teqねーさんと、健康診断の話で盛り上がったのでした。

|

« せっかくなので @沼袋 | トップページ | カレーがとまらないっ 08-12 @湯河原 »

パン」カテゴリの記事

コメント

パン教室が始まるってホームページに告知があって
ホントに行きたいんですが
スケジュールが合わなくてダメです。
あーあ。

投稿: マダム珍味 | 2008年2月 4日 (月) 18時27分

さつまいもとチーズのパン、たまらなく美味しそうです。

私、実は「くちくなる」を知りませんでした・・。
なーごさんの出身がわかるかと思って、「くちい」を調べたら、標準語。
ただの無知でした~。(恥)

投稿: kaeru | 2008年2月 4日 (月) 18時55分

>珍味さん

へ!?と思ってあわててHPを見たですじゃ。
見事に就業日とかぶってますな。
日曜はうやだしなあ。
でも、テクテクねーさんに教わるなら楽しいだろーなー。
やりたいなー。あぎゃぎゃ。

投稿: なーご | 2008年2月 4日 (月) 23時33分

>kaeruさん

くちい、って標準語だったですか。へーそうだったですか。
知らなかった・・・。
ワタシも無知。一緒ですね!!

で、女王の出身はどこじゃ?ほーっほ♪

投稿: なーご | 2008年2月 5日 (火) 01時42分

最近、芋ラーだということを発見!
あ、でもポテトじゃなくて、スイートの方☆
teqteqも一度行ったきりだけど、こんなの見るとまた行きたくなっちゃうな~

投稿: aki | 2008年2月 5日 (火) 17時54分

teq-teqのパン美味しくて大好きです♪
お店にはまだ3回くらいしか行ったことないのですが
お店の方がとーっても親切で感動したのを覚えてます★
そのパンもモチモチしていて生地が凄く美味しいんですよね!
さつま芋とチーズのパンが凄く食べてみたいな!
イングリッシュマフィンも美味しいんですよ(^-^)

投稿: yuki | 2008年2月 6日 (水) 17時16分

>akiさん

この芋のはね、見た瞬間にこれ!ってかごに入れたのよね。
ついおねーさんと話し込んじゃってる間に来たおきゃくさんが
どかどかパンを買ってたので、
これ買われちゃわないか、はらはらした。(笑)
いつもつい先に話し込んじゃうんだよねー。

投稿: なーご | 2008年2月 6日 (水) 22時18分

>yukiさん

しばらくハード系ばかり食べていて、フラッフィとteq-teqで
ソフト系を又食べるようになりましたよ。
ちと難点はややお値段が高めなこと、かな?

薩摩芋とチーズのパンは又食べたいです。
イングリッシュマフィン、高さがあって美味しいですよね!
可愛いし。
ビジュアルも大切~♪

投稿: なーご | 2008年2月 6日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37961/10140467

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり優しい。 @下北沢:

« せっかくなので @沼袋 | トップページ | カレーがとまらないっ 08-12 @湯河原 »